本文へ移動

ソーシャルメディアポリシー

ソーシャルメディアポリシー(原則)

【策定日:令和6年1月1日】
 
 私たち社会福祉法人日光市社会福祉協議会(以下、「本会」という。)は、ソーシャルメディア公式アカウントの運営および本会職員のソーシャルメディア参加に関して、ソーシャルメディアポリシー(以下、「本ポリシー」という。)を定め、遵守します。
 本ポリシーは「原則」と「ガイドライン」で構成され、「原則」を広く公開することで徹底を図ります。

(目的)

 本ポリシーは、ソーシャルメディアを通じて、本会の業務、取組、行事、案内などの情報を発信することにより、市民や事業者、関係団体などに対し、本会への理解を深め、福祉サービス等の利便性を高めることを目的とする。

(心構え)

 本会は、ソーシャルメディアが一般的に広く公開されており、一度発信した情報は取り消せないことを理解した上で、良識ある態度で参加する。

(免責事項)

 本会は、次に掲げる事項について免責されるものとする。
  1. ユーザーにより投稿されたコンテンツ・コメントについて、本会は一切の責任を負わない。
  2. ユーザー間またはユーザーと第三者のトラブルによって生じた損害について、本会は一切の責任を負わない。
  3. 本会アカウントに関連する事項によって生じるユーザーまたは第三者の被ったいかなる損害について、本会は一切の責任を負わない。
  4. アカウント及び投稿を予告なく削除する場合がある。
  5. 本会は、本会アカウントにおける情報の正確性、完全性、有用性を保証しない。
  6. 本会アカウントは、当該個人情報を「社会福祉法人日光市社会福祉協議会個人情報保護規程」に基づいて適切に取り扱う。
  7. 本会アカウント、ユーザー、その他の第三者等の権利・利益を侵害する内容が投稿された場合、本会は一切の責任を負わない。
  8. 万一、本会が損害賠償責任を負う場合であっても、その範囲は現実かつ直接の損害に限り、本会の予見の有無に関わらず、逸失利益、間接損害、その他の損害については一切責任を負わない。
  9. 本会が不適切と判断するコメント・コンテンツがユーザーまたは第三者等から投稿された場合、ユーザーの許可なく投稿又はコメント・コンテンツを削除する場合があり、また、ユーザーはこれに異議を唱えないものとする。
  10. 本会アカウントは、ユーザーの同意を得ることなく、本ポリシーの内容を変更することができる。また、本ポリシーは、本会アカウントがウェブサイトへの掲載またはその他の方法で公表した時点で効力が生じ、以降、ユーザーは本ポリシーの適応を受けることとする。

(知的財産の帰属)

 当ページに掲載されている写真・イラスト・音声や動画及び文章などの知的財産権は、本会または正当な権利を有する者に帰属する。

1
2
4
3
3
8
TOPへ戻る