社会福祉法人日光市社会福祉協議会|社会福祉を目的とする事業の企画及び実施|社会福祉事業に関する調査・普及・宣伝・連絡及び助成|栃木県|日光市|今市

 

手話・音訳等奉仕員養成講習会

 

H30年度各種奉仕員養成講習会受講案内

H30年度各種奉仕員養成講習会受講案内
 
講習会 定員 募集時期等 開催時期等 回数 備考等
手話体験講座  (昼の部)20名30年6月1日~6月22日H30.7月~全3回
手話体験講座  (夜の部)20名30年6月1日~6月22日H30.7月~全3回
手話(入門課程) 20名
30年9月3日~9月28日 H30.10月~ 全19回
手話(基礎課程) 20名 ・募集は行いません。 H30.5月~ 全21回 入門課程を前年度受講修了者対象
手話(中途者用) 15名
30年5月1日~5月25日 H30.6月~ 全5回 中途失聴者・難聴者対象
要約筆記(後期) 10名 ・募集は行いません。 H30.5月~ 全21回 要約筆記(前期)を前年度受講修了者対象
音訳 15名 30年8月1日~8月22日 H30.9月~ 全15回
点訳 10名 30年5月1日~5月25日 H30.6月~ 全10回
デイジー 30名 30年1月7日~1月28日 H30.2月~ 全3回 市内音訳ボランティア 声の広報利用者対象
   
※ 講座受講料はすべて無料ですが、テキスト代等の費用がかかる講座があります。
 

手話・要約筆記・音訳・点訳等について

手話・要約筆記・音訳・点訳等について
 
  
手話について
 
 手話は、手や指、腕の手指動作と視線や首、口などの動作を組み合わせて使います。これは、「視覚言語」と呼ばれ、聴覚障がい者が中心となり使用しています。
  本会の手話講習会は、次の4つの講習会を実施します。
 「手話体験講座」…  挨拶や自己紹介など簡単な手話を覚えたい方におすすめの講座(全3回)です。
「入門課程」…  はじめて手話に取り組む方におすすめの課程(全19回)です。
「基礎課程」…  「入門課程」を終了した方におすすめの課程(全21回)です。
「中途失聴・難聴者のための手話講習会」… 中途失聴・難聴者ご本人、ご家族等を対象とした手話講習会(全5回)です。
 
要約筆記について
 
 要約筆記とは、聴覚障がい者の方への情報保障手段のひとつで、話されている内容を要約し、文字で伝えることを言います。
 手話で完全なコミュニケーションを取ることの困難な、中途失聴者や難聴者の方などを対象としています。
 要約筆記には「速く、正確に、読みやすく、私感を含めず、秘密を守る」という原則があり、講習会では、その基本やスキル(技術)などを学習します。
 
音訳について
 
 音訳とは「視覚障がい者のために、文字を音声に訳すこと」で、録音図書や広報誌などを製作すること全体を含めて「音訳」と言います。
 講習会では、以下の内容で実施します
 初めに発音、アクセント、漢字・固有名詞・漢語・古語等の読み方、表・写真・図表の読み方などの基礎を学習します。後半でデイジーなどの録音機械の操作や録音編集などについて学習します。 
 
デイジーについて
 
 音訳された音図書や広報誌は、カセットテープに録音されてきましたが、最近「デイジー」というパソコンによる録音編集システムができ、ここ2、3年急速にCD化が進み始めています。利用者にとっては、必要な個所をすぐ捜すことができることなどがメリットです。
 本会では、デイジー指導者を養成するための講習会を実施します。 
 
 
点訳について
 
 点訳とは、普通の文字で書かれた文章を「点字」で書かれた文章に翻訳することです。「点字」は、視覚障がい者が指先の触覚により文字情報などを読み取るための仕組みであり、点字器を使い翻訳します。
 講習会では、点字や点字器の使い方等の基礎を学習します。
 
qrcode.png
http://www.shakyo-nikko.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
<<社会福祉法人 日光市社会福祉協議会>> 〒321-1261 栃木県日光市今市511-1 TEL:0288-21-2759 FAX:0288-21-3110